遠距離という壁を取り払う!WEB会議でやり取りを簡略化

安全にビジネスを展開

PCを操作する人

営業活動中のトラブルを回避

運送業は勿論ですが、多彩にある会社の中には車両をたくさん使う機会が多いところがあります。車両があるからこそ、迅速なビジネスを展開できると言っていいでしょう。特に営業関連の仕事で活用する機会が多いです。しかし、営業活動などで車を使うのが多いと、時間帯によっては渋滞に見舞われるときがあります。もしくは、交通事故に巻き込まれてしまうケースも考えられます。そうなると、ビジネスに遅延が起きてしまったり、社員が怪我によって入院せざるを得なくなってしまうこともありえます。そのような事態を見越して車両管理のシステムを導入するのはいかがでしょうか。車両管理システムをつかえば、渋滞が多発する場所や危険運転により自己が多発するエリアを事前に教えてくれます。

危険エリアを通知

車両管理のシステムは、単純に専用機器を車の何処かに搭載するだけのものとなっています。常にGPS衛生から車の現在位置情報を明確に記録してくれます。記録したデータを管理会社のシステムに転送してくれます。そこから、地図情報と照らしあわせて、過去の渋滞記録や自己発生率のデータと照らしあわせて危険な場所かどうかを通知してくれます。渋滞や危険エリアを事前に通知してくれるので、事故や遅延といったトラブルを防げます。しかも、ありがたいことに車両のカーナビに伝えるだけでなく、社内にあるパソコンや手持ちのスマホ・タブレットにも情報を転送してくれます。営業周り中の社員が、ちゃんと仕事をしているか、安全に仕事をしているかをチェックできます。